情報化施工

情報化施工

マシンコントロールシステム

三次元設計データをもとにブルドーザー、モーターグレーダーの排土板を自動制御するシステムです。オペレーターの熟練度に左右されない高精度の施工を実現します。

工法の詳細を見る

マシンガイダンスシステム

TS・GNSSから得られる施工機械の位置情報と設計データの差異を車載モニターを通じてオペレータに提供するシステムです。オペレータはモニターの情報を見て手動で機械操作を実施します。GNSSのシステムをバックホウに取付けるケースが非常に多いです。

工法の詳細を見る

盛土の締固め回数管理

締固め機械が動くと運転席モニターに移る機械の絵も動き色が塗られていきます。モニターでオペレーターが転圧状況を直接確認できることから転圧不足箇所の解消と面的な品質管理の向上を果たします。また帳票が自動作成されることから、品質管理業務の簡素化にも役立ちます。

工法の詳細を見る

TS出来形管理

施工管理データを搭載したTS(トータルステーション)を用いて計測値の全てを三次元座標データで取得します。測定値が直接帳票作成ソフトに取り込まれることから帳票作成作業の効率化を果たします。また千代田機電では自動追尾型のTSを使用することにより、計測員一名によるワンマン測量を実現します。

工法の詳細を見る

GNSS測量を用いた土量計測

盛土着工前の現況・盛土完成後の形状をGNSSによる平板測量で現地計測する。測定結果をそれぞれ三次元化し、着工前と完成後の形状データを比較して土量を算出します。

工法の詳細を見る