GNSS測量を用いた土量計測

GNSS測量を用いた土量計測

概要

盛土着工前の現況・盛土完成後の形状をGNSSによる平板測量で現地計測する。測定結果をそれぞれ三次元化し、着工前と完成後の形状データを比較して土量を算出する。

効果
①通常測量に比べ器械設置の手間が省け、かつ測量は一人で実施可能。
②通常測量におけるプリズム視準のための器械据え替え作業、伐採作業等が省け大幅に作業効率が向上。
③平板測量結果を三次元化した土量計算は従来の平均断面法に比べ正確な土量を算出することができる。

GNSS測量の機器類


GNSS測量機器
任意箇所のX・Y・Z座標をリアルタイムに測定することができる。


コントローラー (TSC3)
コントローラーには三次元データ・CADの設計図を登録することができる。モニターの画面を見ながら地表面形状を測定。

GNSS測量の実施状況

GNSS測量の実施状況

GNSS平板測量による盛土形状の三次元化