スクリュープレス工法

スクリュープレス工法

砕石パイル工法

砕石はすべて自然石を使用。投入された砕石は30~40mm毎に転圧し、地盤中の弱い部分に砕石を深く食い込ませることで支持力をさらに高めます。また砕石パイルが支持層に到達していなくても支持力を発揮します。

施工方法
パイル孔掘削 スクリュードリルを回転しながら地中に挿入。周囲の泥は圧密により
押し固められ支持力向上。空気を送りながら引抜き、パイル上の空洞が完成します。
砕石投入 30~40㎜の単粒砕石を投入します。押圧パイプで転圧を行います。
押圧パイプの圧力(最大98kN)により砕石をしっかり圧入します。
転圧は砕石投入毎で、層厚30〜40㎝程度で行います。
平板載荷試験 設計荷重以上の荷重をかけて、沈下しないことを確認します。
パイル孔掘削状況
砕石投入状況
転圧状況
完了

砕石パイル工法

砕石はすべて自然石を使用。投入された砕石は300~400mm毎に転圧し、地盤中の弱い部分に砕石を深く食い込ませるこ とで支持力をさらに高めます。また砕石パイルが支持層に到達していなくても支持力を発揮します。

施工方法
パイル孔掘削 スクリュードリルを回転しながら地中に挿入。周囲の泥は圧密により
押し固められ支持力向上。空気を送りながら引抜き、パイル上の空洞が完成します。
間伐材打込み 排土せず杭体積分だけ圧密するので、原地盤支持力が向上する。