表層改良工

表層改良工

 バックホウ混合は軟弱地盤の表層から2m程度迄を専用の混合バケットを装着したバックホウで、改良材と軟弱土を混合撹拌し、対象箇所を固化処理する工法です。

施工方法
掘削鋤取・残土搬出 バックホウを使用し、表土を所定の高さまで鋤取りを行います。鋤取った残土はダンプトラックにて残土処分指定地まで運搬し、処分します。
固化材搬入 改良材は運搬・検収が容易な1tフレコンパック入りを使用します。改良材は原則として当日の施工予定量のみを運搬、入荷するようにします。また材料搬入後、現場の諸事情によりやむなく現場保存する場合には、固化材をビニールシート等で覆うなどして、養生を行います。
固化材散布 移動式クレーン仕様のバックホウを使用して、改良材を散布しバックホウ及びレーキにて均一になるよう敷均します。
混合・攪拌 混合・攪拌はバックホウを使用し、材料と土とのムラが無くなるまで行います。(土塊は8㎝以下)
また適時に深さの確認を行い所定の混合深さを確保します。
転圧・整地 混合撹拌作業終了後、1層当り50㎝の層厚でローラー転圧またはバケット転圧を行い、基準高になるようバケット整地を行います。
固化材搬入状況
固化材散布状況
混合撹拌状況
転圧状況
整地状況
完成