柱状改良工

柱状改良工

 柱状改良工法は住宅地盤や工場用地の地盤において、表層(GL-2mまで)よりさらに深部まで軟弱地盤が及んでいる場合に行う改良工事です。セメントミルクをパイプで注入しながら土を練り混ぜ、地盤の中にコラムと呼ばれる柱を作って地盤を安定させます。
柱状改良工法の利点としては、表層改良工事では困難な深部まで地盤改良が行えるところにあり、主に建築現場の地盤改良工事で広く用いられています。

施工方法
混合撹拌 柱状改良の打設位置へ撹拌装置(以下、撹拌翼)を設置
撹拌翼を回転させ掘削
杭頭深度より固化材スラリーを注入し、撹拌翼で撹拌しながら掘削
柱状改良体の先端処理のため、撹拌翼を反復
撹拌しながら撹拌翼を引き上げ
打設完了
一軸圧縮試験 施工した柱状改良体から供試体を作成し、設計基準強度を満たしているか確認する。
攪拌状況
完成