住宅地盤調査・補強工事

住宅地盤調査・補強工事

表層改良工法

不良土上に固化材を散布した後、バックホウを用いて不良土と固化材を混合させる工法です。

工法の詳細を見る

スクリュープレス工法

軟弱地盤の少排土削孔による圧密、及び孔内に天然砕石または間伐材を圧入することで、地盤支持力を向上させる工法です。

工法の詳細を見る

柱状改良機工法

住宅地盤や工事用地の地盤において、表層(GL-2mまで)より更に深部まで軟弱地盤が及んでいる場合に行う改良工法です。セメントミルクをパイプに注入しながら土を練り混ぜ、地盤の中にコラムと呼ばれる柱を作って地盤を安定させます。

工法の詳細を見る

GPS付地盤調査

住宅を建築する上でその土地の地盤を把握し、地盤の支持力を測定することが地盤調査です。千代田機電ではこの地盤調査をスウェーデン式サウンディング試験という調査方法で行っております。調査機はコンピュータ制御により自動化されたジオカルテⅢという機種を使用し、測定記録からデータ処理までを一元管理し、信頼性の高い地盤調査を実現しております。

工法の詳細を見る

地盤保証

地盤沈下の発生に伴う建物・地盤部分の損壊が仮に発生した場合、復旧の費用は住宅を建てた工務店様が負担することになります。そのリスクを回避するための地盤総合保証サービスが各地盤保証会社より設けられ、千代田機電が加盟する「地盤総合保障サービス[THE・LAND]」もその内の一つです。

工法の詳細を見る