スタビライザー混合

スタビライザー混合

 スタビライザー混合は軟弱地盤の表層から1.2m迄を混合する原位置混合工法で、路床や路盤等の対象箇所上に固化材を散布し、スタビライザーを用いて所定の深さまで混合撹拌を行います。
主に路床安定処理工、路上再生路盤工、仮設道路工等で用いられております。また、高い混合精度と混合能力を有しているため大規模な建築現場の駐車場や建設機械足場の浅層改良にも利用されております。

施工方法
掘削鋤取・残土搬出 バックホウを使用し、表土を所定の高さまで鋤取りを行います。鋤取った残土はダンプトラックにて残土処分指定地まで運搬し、処分します。
区画割(スパン割付) 所定の添加量に基づき、材料1tあたりの施工面積を石灰、スプレー等で明示します。
材料搬入・養生 改良材は運搬・検収が容易な1tフレコンパック入りを使用します。改良材は原則として当日の施工予定量のみを運搬、入荷するようにします。また材料搬入後、現場の諸事情によりやむなく現場保存する場合には、固化材をビニールシート等で覆うなどして、養生を行います。
材料配置 移動式クレーン仕様のバックホウを使用して、区画割に合わせて改良材を配置します。
材料散布 移動式クレーン仕様のバックホウを使用して、改良材を散布しバックホウ及びレーキにて均一になるよう敷均します。
混合・攪拌 混合・攪拌は現場に適したスタビライザーを使用し、混合ゲージにて所定の深さまで混合ローターをおろし、材料と土とのムラが無くなるまで行います。また適時に検測により深さの確認を行い所定の混合深さを確保します。
整地・転圧 混合撹拌作業終了後、速やかにブルドーザーにて敷均しを行い、ローラーにて十分に締固めを行います。この時、オーバーコンパクションとならないよう状況に応じて締固めのタイミングや締固め機械を小型化するなどの対策を講じる。
掘削鋤取状況
残土搬出状況
区画割・材料配置状況
材料散布状況
混合撹拌状況
整地状況
転圧状況
完了

駐車場下部安定処理

杭打機転倒防止安定処理

工場構内道路安定処理

路上再生路盤工