工事部門



 工事部門では、地盤改良工事、住宅地盤調査、情報化施工などの多岐にわたる分野で、最新最適の機械を投入し、プロの技術集団が調査、設計、施工にあたっています。
地盤改良工事の分野では、道路の路床改良工事において主にスタビライザー工法、バックホウ工法が用いられています。
建設現場で発生した土砂を利用して高品質な改良土を生産する自走式土質改良機工法も多くの実績を残しています。
住宅地盤の改良工事では、地盤調査・設計、その地盤に適合した改良工事まで行っています。 全ての工事には地盤保証をつけることが可能で施主様、ビルダー様へのご安心を提供しております。
 また、近年の測量技術や制御技術の進歩により誕生した情報化施工にも取り組んでおり、工事現場における「工事計画→施工→工事管理・検査」のプロセスをネットワーク化された機器により一元的に管理する業務も行っています。
工事部門においては、土木、建築現場の幅広い分野で業務に取り組んでおり、特に地盤改良工事においては「地盤のドクター」として高い評価を得ております。
今後、更に技術と設備の充実を図り、お客様に「調査→設計→施工」に至るまでのプロセスを提供できるよう業務体制の向上に努めて参ります。

資格者(平成27年1月1日現在)
一級土木施工管理技士 6名 一級建設機械施工技士 4名 測量士 1名
二級土木施工管理技士 5名 二級建設機械施工技士 4名